カテゴリー

293 ウミネコ

不思議な行動

ウミネコ

本日2本目のアップです。

ポカポカ陽気の河原でボーっとしていたら、遠くでウミネコらしいカモメが不思議な動きをしているのに気が付きました。

何か白い物をくわえて上空に舞い上がり、ある程度上がるとくわえていた白い物を下に落としています。

カラスが貝か木の実を割る為にこの様な行動をとる事を本で読んだような記憶がありますが、カモメでも同じ様な行動をするのでしょうか?

以下の写真は私がこの行動に気付いてからのなので、これが何度目のチャレンジか分かりません。

カモメが白い物をくわえて上昇

Dsc_3798

ある程度の高さに来ると

Dsc_3808

白い物を放しました

Dsc_3809

白い物は真っ直ぐに落下して行きます。

Dsc_3812

落下した所が水の上でした。物体は軽い物の様で大した水しぶきも上がらず、プカプカ浮いていました。

Dsc_3816

カモメはそれを追い掛けて行き、

Dsc_3821

再びくわえましたが、この後は興味が無くなったのかすぐに放してしまいました。

Dsc_3826

ボーっとしている時にも周りに注意しないと、こんな場面も見逃してしまいますね。

※ブログを見た知人から『北海道のカモメはやっているよ』と教えて頂きました。
  ありがとうございます
  (2/20 追記)

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/3200秒 ISO400 トリミング 2019年2月16日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

此処でも頭の黒い子

カモメのみなさん

コアジサシを興奮して撮っている時、時々カモメの群れが飛んで来ましたが、いくら見てもウミネコ幼鳥の群れで、今年最初のコアジサシに集中していました。

コアジサシの群れが何故か一斉に沖に行ってしまい、撮る物が無くなった時、丁度カモメの群れが飛んで来ました。

その時にはパッと見で気付きました。

ウミネコの中に、夏羽になった頭の黒いユリカモメが数羽混じっている事に。

Dsc_1680

いつの間にかユリカモメが来ていたのです。

Dsc_1684

ここでは夏羽のユリカモメは滅多に見られません。

Dsc_1700

稀に、ユリカモメの群れの中に頭の黒くなりかけた、ごま塩頭の個体が見られる事はあります。

Dsc_1743

それが、こんなにたくさん見られるのは珍しい事です。

Dsc_1820

冬鳥のユリカモメは、夏になると繁殖地である、ユーラシア大陸へと渡って行きます。

Dsc_1842

渡って行く途中で、此処へ寄ってくれたのでしょう。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞り開放 1/2500秒 ISO200 三脚:スリック 雲台:マンフロットMVH502AH 2018年 4月26日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

カモメのみなさん

ウミネコカモメ

さて、今日は『禁断』のカモメです。

何故、『禁断』かと言うと、識別が面倒なんです。

まずは一番目にする機会が多いウミネコです。

静岡で夏に見るカモメはほぼウミネコで問題無いと思います。

稀にユリカモメが残っていたりしますが、普通はウミネコです。

Dsc_2171

下の写真にはウミネコ4とカモメ4(左端の1羽は、ウミネコよりも小さいので、カモメ第1回冬羽とみました)、それに陰に隠れてよく見えない所にセグロカモメ1が居ます。真ん中で翼を上げている2羽の初列風切りの先端をよく見て下さい。白斑(ミラー)がハッキリ見えるのがカモメです。基本的にウミネコにはミラーは無い。

Dsc_2222

下の写真にはウミネコ4とカモメ4(右上の1羽は小さいのでカモメ第1回冬羽とみました)が写っています。ミラーがハッキリ見える3羽がカモメ成鳥冬羽です。

Dsc_2234

下の写真ではウミネコが6羽、カモメが1羽です。今度は尾羽先端付近に有る黒い帯(テールバンド)に注目です。普段この辺りで見られるカモメ類の成鳥で、テールバンドが有るのはウミネコです。背中の色の濃さにも注目。

Dsc_2252

以上はウミネコ成鳥とカモメ成鳥の識別ポイントを私の偏見と独断で紹介しました。何にでも例外が有る事はいつも通り承知しておいて下さい。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/4000秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 2月22日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

写真展のお知らせ

写真展のお知らせ

今年も「かわせみフォトクラブ会員作品展」が開かれます。

今年で15回目になります。

Photo


会期:平成28年7月7日(木)から7月13日(水)

    10:00~17:00 初日(7日)は午後1時からです

会場:しずぎんギャラリー『四季』
    TEL 054-250-8777
        静岡市葵区追手町1-13 アゴラ静岡 7階

※案内状の写真は『RINO』さん撮影の作品です。
  案内状に使う作品は会員の投票で決めています。

「かわせみフォトクラブ」は1996年に会員11名で発足。

写真展は2002年から始めました。今年で15回目になります。

クラブは写真クラブとしてスタートしたので、始めたばかりの頃は集まる作品もスナップ、風景、ヌードなどバラエティーに富んでいました。最近はこのブログを見て入会する人なども有り、野鳥の写真がほとんどになって来ました。

クラブではいつでも入会者を歓迎しております。

興味がありましたら、「コメント」から問い合わせをお願い致します。問い合わせのコメントはブログには公開しませんが、返信させて頂きますので、メールアドレスは忘れずに記入して下さい。お気軽にどうぞ。

写真展会場には会員作品のほか、過去の会報や、入会案内なども置いてありますので、興味がありましたら、ご覧頂きたいと思います。

Dsc_13527

なお、私が会場に詰めるのは7日(木)、9日(土)、10日(日)、13日(水)を予定しています。

※『チョッと一休み』のウミネコの写真は写真展とは関係ありません。

ウミネコ:ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/3200秒 ISO200 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 1月10日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

どこにでもある

ウミアイサ

ウミアイサが捕えた魚を狙って、ユリカモメが急接近

Dsc_0370_4

逃げるウミアイサ

Dsc_0389_3

かなりの大物で急いで飲み込む事も出来ない。

Dsc_0406_3

ユリカモメを振り切ったと思ったらもっと手ごわいウミネコが2羽

Dsc_0440_3

挟み撃ちにして、脅し取る作戦。

Dsc_0443_3

更に1羽増えて、逃げる、逃げる

Dsc_0436_2

どうして自分で捕ろうとしないのか。再びユリカモメも参戦。

Dsc_0450_2

『折角捕まえたのに、焦らせるから逃がしちゃったじゃないか!』

Dsc_0464_3

『フ~~ンそんな事知らないね』

アイサさんの猛烈抗議もどこ吹く風のウミネコ

ふてぶてしい悪役に見えてしまいます。

ニコンD300 Aiニッコール600mmF5.6 絞り開放 1/2000秒 ISO400 トリミング 三脚:スリック 雲台:マンフロット500AH 12月27日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

追跡

ハヤブサウミネコ

それは突然襲って来ました。

川の上を低空で飛んで来る灰色の物体。

下の写真でも何処に何が飛んでいるのかすぐには分からないと思います。

Dsc_0885

飛んで来た者はハヤブサ。

狙いは河原で休んでいたウミネコ。

Dsc_0888

ハヤブサの襲来に慌てて飛び立つウミネコ。

Dsc_0889

逃げるウミネコをいたぶる様に追うハヤブサ。

Dsc_0902

ハヤブサはウミネコの周りを飛ぶだけで襲う感じはありません。

Dsc_0903

それは最初から二番目の写真でも分かります。かなり手前で羽を広げてブレーキをかけています。

Dsc_0904

ウミネコを襲うつもりなら、あんなに手前からブレーキを掛けるはずがありません。

Dsc_0905

ウミネコに逃げる時間を与え、逃げるのを追うのが目的の様です。

Dsc_0906

回りには他にもウミネコやらカモやら、鳥は色々居るのに、ハヤブサはこのウミネコだけを執拗に追い掛けます。

Dsc_0908

獲物を横取りされたのを恨んで、それの仕返しでしょうか?

Dsc_0993

何処までも、何処までも追い掛け、時々アタックする素振りを見せてウミネコを脅しています。

Dsc_1004

追跡は河口から海上へ移動して行きました。

Dsc_1042

ここまでハヤブサを怒らせたウミネコは一体何をやらかしたのでしょうか。

Dsc_1066

執拗な追跡は駿河湾へ出ても続いていました。

最初の写真から最後の写真までの撮影時間は2分17秒程でしたが、10分にも20分にも感じられる長い時間でした。

こちらもここで追うのに疲れました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/800-1/1000秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 11月29日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

狭い所が好き

カモメ達

『オイオイ、こんな狭い所に降りるつもりかい』

Dsc_5740

『狭いとこでも、あらヨッと!』

Dsc_5741

『風圧で浮かんじゃったよ』

Dsc_5742

『何処止まってんだよ

Dsc_5743

一瞬頭に足が掛かった様ですが、すぐに離れた所に降りました。

カモメ達の楽しいひと時でした

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2500秒 ISO200 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 3月9日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

荒れる海

ウミネコ

山で撮った写真が続いたので、開放的な海の写真にしました。

Dsc_2474

Dsc_2207

と言っても、チョッと前に撮影した物です。

Dsc_2526

風が強く、波も高かったのですが、ウミネコを始め海鳥達はそんなもの全く気にもしていない様子でした。

Dsc_2508

Dsc_2552

逆に、獲物が捕れるのか、鳥達も多く集まって狩りをしていました。

Dsc_2589

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1250秒 ISO200 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 1月20日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

自分で捕れば

ウミネコVSカワウ

静岡県の最南端 御前崎。

この海岸はサーフィンのメッカ。この日も多くのサーファーがサーフィンを楽しんでいました。

そこからほんの少し離れた海上でウミネコが数羽飛んでいました。その内の1羽が海面へ急降下する事を繰り返していました。急降下する海面には黒い物体が

Dsc_9526_2

カワウでした。カワウが大きな魚を捕らえ、呑み込むのに苦労していました。

Dsc_9535

その大きな魚を横取りしようとウミネコがカワウに襲い掛かっていたのです。

Dsc_9537

カワウは慌てて呑み込んでしまいました。

Dsc_9545

それを見てウミネコが口惜しそうな叫びをあげていました。

Dsc_9550

何度も急降下をして横取りをするのなら、最初から自分で狩りをすれば良いのに

世話焼かせなのかな

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1600秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 10月2日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

鳥なのにネコ

ウミネコ

『カモメの仲間』(ここではアジサシの仲間は除く)は識別が難しいのですが、真夏の暑い時に静岡辺りで見られるのはウミネコだけ(例外もあるかもしれませんが・・・)

特に若いカモメはお手上げ

Dsc_8797

夏は識別に迷わなくて助かります。

Dsc_8834

『カモメの仲間』の中で、名前に○○カモメと付かないのもウミネコだけ。

識別には関係ない

Dsc_8847

成鳥尾羽の黒い帯(テールバンド)も、日本で普通に見られるカモメの成鳥には見られないから、見分けのポイントになります。

Dsc_8857

尾羽のバンドがきれいに見える写真が撮れていませんでした

名前の「ネコ」は鳴き声から来ているのは、皆さんご存じの通りです

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000秒 ISO200 トリミング 三脚ジッツオGT5541LS 雲台マンフロット516 8月15日 静岡市

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい

人気ブログランキングへ

皆様の応援クリックが次へのエネルギーとなります

いつも応援ありがとうございます

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 0002船越公園の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト

birds counter

  • カウンター
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 識別ポイントが分かりやすい
無料ブログはココログ