カテゴリー

074 キジバト

初めて見た

キジバト

海水を飲むハトと言えばアオバトを思い浮かべますが、この日はキジバトが一羽で沖のテトラへ向かって飛んで行きました。

Dsc_1164

沖のテトラに舞い降りると、迷う事無く海面近くまで降りて行きました。

Dsc_1268

キジバトが海面に顔を付けています。(矢印)

Dsc_1267

此処まで飛んで来て、この行動は海水を飲んでいるとしか思えません。

Dsc_1272

群れで来るアオバトでさえハヤブサに襲われる事を恐れて、沖のテトラへ出る事を躊躇するのに、このキジバトも随分大胆だと思います。

Dsc_1275

此処で何年もアオバトを撮っていますが、キジバトが海水を飲みに来たのは初めて見ました。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/2000-1/2500秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年10月 2日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

近くの鳥

キジバト

Dsc_4877

キジバト:1/160秒 4月14日

ヒヨドリ

Dsc_5798

ヒヨドリ:1/400秒 4月19日

メジロ

Dsc_4688

メジロ:1/160秒 4月14日

共通データ:ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 ISO400 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

望むものは

キジバト

きれいな紅葉を見つけたので、そこに鳥が来るのを待ってみました。

Dsc_1534

来てくれたのはキジバト、ムクドリ、ハシボソガラス。

白いサギでも来てくれたら大きさ的にも良かったのですが、そんなに都合良くは行かないものです。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/250秒 ISO400 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 11月23日 静岡市・麻機

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

春うらら

キジバト

ぽかぽか陽気の早春の一日

Dsc_3830

キジバトが仲良く寄り添っていました。

Dsc_3834

Dsc_3842

Dsc_3843

Dsc_3880

のどかな春のひと時でした。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/800秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2月28日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

飛び飛びですが

飛ぶモノ

ノスリ。何故か唐突に。しかも1月に撮影したもの。

この写真のノスリが気持ち良さそうに見えたのです。

Dsc_6826

今日(25日)の本命はツバメ。

でも、短時間ではそんなにチャンスも無く、ツバメの写真も少ない。

Dsc_9887

それで何か他に無いかと探していて、このノスリに目が留まりました。

Dsc_9893

ツバメの飛翔を撮るなら風上の順光側から撮るのがベストですが、この時もその条件に合う場所だったのです。

Dsc_9916

時間が有ればもう少し撮れたかもしれません。

Dsc_9931

で、ツバメの写真も少なかったので、更におまけでキジバトです。

Dsc_0537

これも少し前の写真ですが、単独で出す時期を逸した写真です。

今日(29日)は祝日ですね。

お休みで、じっくり何か撮れるといいですね。

ノスリ:1/1250秒 ISO200 1月31日

ツバメ:1/2000秒 ISO200 トリミング 4月25日

キジバト:1/2000秒 ISO200 2月28日

共通データ:D300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 静岡市・麻機遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

巣作りの頃 4

キジバト

身近な野鳥として、ツバメは夏鳥の代表選手

キジバトは留鳥の常連さん

Dsc_8332

ハトの子育ては他の鳥とは少し違って、哺乳類の様に“お乳”で子育てをします。

と云っても、哺乳類の様にお母さんの胸からお乳を出して子育てをする訳ではありません。

Dsc_3396

ハトには“そのう”と云う消化器官があるのですが、この器官の内壁のはがれた物(ピジョンミルク)を吐き戻してヒナに与えて育てます(「鳥のおもしろ私生活」ピッキオ編著=主婦と生活社)

これはメスだけではなく、オスも与えます。

Dsc_3378

他の鳥が昆虫などの発生する時期に合わせて子育てをするのに対して

Dsc_7993

この特殊な育児食があるため、キジバトは繁殖の時期をあまり選ばないとも云われています。

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1600-1/3200秒 ISO320-400 トリミング 4月11日-5月15日 静岡市

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい

人気ブログランキングへ

クリックするとこのブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援クリックが次へのエネルギーとなります。

言葉もいらない

キジバト

桜の中のヒヨドリを撮っていると

キジバトのペアがカメラの前に飛んで来ていきなり

Dsc_3682

見せつけてくれます

Dsc_3696

ここから先は・・・

Dsc_3693

Dsc_3698

『何見てんだよ!』

Dsc_3690

怒られました が、

そっちがカメラの前に来たんじゃないの

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000秒 ISO400 3月31日 静岡市

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい

人気ブログランキングへ

クリックするとこのブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援クリックが次へのエネルギーとなります。

目にやさしい

若葉の緑

緑は疲れた目に良いと言われます。

萌え出たばかりの新緑は確かに見ていて気持ちが安らぎます。

2

鳥は人間と同じ様に色を見分ける目を持っています。

哺乳類などでは意外と色を見分ける事が出来ない種が多いのに、鳥は高速で飛ぶ為に視力を発達させ、人間よりも遥かに優れた目を持っています。

Photo

生物は自分の移動スピードに合わせて視力を発達させたと、何かで読んだ記憶があります。

高速で飛ぶ鳥は遠くの物まで早く見極めなければなりません。自然と視力が発達しました。

Photo_3

人間は全速力で走ってもせいぜい時速36km(100mを10秒で走ったとして)

鳥はその倍以上のスピードで移動します。

Photo_2

人間は自分の運動能力以上のスピードで移動する手段を手に入れてしまいました。しかし、人間の目の能力はそれに追いついていません。

自動車で走っても自分の視力で確実に制御できるスピードの限界は、せいぜい時速36kmとなります。

そこで走りやすい道路を作り、色々な決まりを作って事故を防ぐ工夫をしているのだと思います。

話がそれました。

以上は私の個人的な見解で、何処かで仕入れた知識を、鳥と人間に当てはめてみただけの受け売りです。何の根拠も無いのですが、記事を書いていて何となくそんな思いがしました。

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/80-1/200秒 ISO200 カワラヒワのみトリミング 2009年4月下旬 静岡市清水区

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

命がけのレース

オオタカキジバト

連休明けで仕事が早朝まで。家で寝ていても道路工事の音と振動で休まらないので、麻機でのんびりと鳥を待つ事にしました。

ミサゴは来る頻度がかなり下がっている様ですが、カメラマンは今日も数人待ち構えていました。

私は休養が目的なので、皆さんから少し離れて、イスに座ってほとんど目を閉じていました。

時々目を開けては空を見上げます。
気持の良い青空が広がって気分も癒されます。

ミサゴも1回ダイビングをしてくれましたが、目が寝ていました。

2時半を回ると、ミサゴの来る気配も薄くなります。

ボーッと薄目を開けていたら、遠くの空を猛スピードで飛ぶ2羽の鳥影がよぎりました。
体が自然に反応して立ち上がり、カメラを構えファインダーで追います。

オオタカ
そして、追われて逃げるキジバトです。

Ii0_3114

2羽を同時に画面に入れるのは普段でも大変。

Ii0_3117

どちらかにピントを合せると、大体どちらもピンボケになってしまう事が多い。

Ii0_3119

この時にはオオタカだけに集中してみました。

Ii0_3123

そうは言っても、お互い命を掛けて飛び回るから、ファインダーに入れるのに四苦八苦。

Ii0_3141

やがて2羽は山の中へ入って、見えなくなってしまいました。

お互いに生き残るために必死のレースです。

言葉も無く見つめるだけでした。

ニコンD200 Aiニッコール600mmF4 絞りF5.6 1/2000秒 ISO200 トリミング 2008.11.05 静岡市麻機(あさはた)遊水地

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆さんの応援が次へのエネルギーとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

梅見鳥

船越公園へ行って来ました。
駐車場の奥にある梅園の梅が見頃を迎えているようです。
今年は例年に無い暖冬で、梅の花も咲いていいやら迷っているようで、花も終わってしまった木や、まだ蕾のものもありました。
とりあえず、側の梅の木に止まっていたキジバトです。

Photo_167

今日のメインはやはりメジロかな。

2_40

変なさえずりが聞こえて来ました。さえずりの主はモズでした。

Photo_168

モズは『百舌』と書く事もあるように、色々な鳥の鳴き声を真似して、自分のさえずりの中に織り込んでいき、独自のさえずりを作り上げて歌います。

幸せの青い鳥

花の時期の梅園で、大きなレンズを着けたカメラを構えていると、レンズに興味をもって、声を掛けて来る人がいます。声を掛けてくる人も写真が好きな人だと思います。
別に人間嫌いなわけではありませんが、撮影に集中できないし、せっかく近くに来た鳥も逃げてしまう事もあります。
人が集まる場所で撮影をしているのだから仕方ありません。
そこで、場所を変えてルリビタキを狙う事にしました。
幸せを運んでくれると言う青い鳥を求めて、重たい機材を担いで梅園の裏側の薄暗い林の中へ。
でも、いつもそんなに簡単に見つかる訳ではありません。

あきらめて帰ろうかと思った時、『幸せの青い鳥』が現れてくれました。

Photo_169

〈写真データ〉ニコンD200 EDニッコール600mmF4 絞りF4-5.6 1/30-1/500秒 ISO200-400

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 0002船越公園の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト

birds counter

  • カウンター
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ