カテゴリー

457 ツバメ

2月29日 ツバメ(亜種アカハラツバメ)

アカハラツバメ

29日はお天気が悪くなりそうな予報なので、今月最後の河口へ行ってみました。

此処では一年中ツバメが飛んでいますが、時々珍しツバメも混じって飛んでいます。

Dsc_6395_20240228172501

この日はお腹が少し赤いツバメの亜種アカハラツバメらしいのが飛んでいました。

Dsc_6371

亜種なので1種増えた事にはなりませんが、チョッと変わりダネ

Dsc_6373

今日見れたのはお腹がそんなに赤くなかったので

Dsc_6379_20240228172601

『タダツバメ』との交雑個体かもしれません

Dsc_6378

『タダツバメ』とは ↓『ただのツバメ』と言う事です。

Dsc_0364_20240228173001

「〇〇ツバメ」と名が付く物が多いので、探鳥会では亜種ツバメの事をそんな風に言う事があります。

ヒレンジャク

今日のヒレンジャク

Dsc_6729_20240228175501

情報が交錯していて20羽から50羽位いたようですが

Dsc_6735

私はこの日も縁が薄く、ようやく見られたのは5羽でした。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500-1/3200秒 ISO400 2月28日 静岡

1月10日 ツバメがいっぱい

1月9日の河口

9日の河口は風も無く快晴

思わず空を見上げるとツバメ類が飛んでいた。

ツバメ、イワツバメ、アマツバメ類、下の写真にはジシギも写っていた。

Dsc_8765_20240109162601

この冬は12月30日に2羽のツバメを見ただけで少ないと思っていたら

Dsc_8562_20240109162601

今日の上空はツバメ類が一杯 ↓これでもほんの一部

Dsc_9033

稀に下に降りて来る

Dsc_8636

肉眼で見えるのは少ないが、双眼鏡で見るとビックリするくらい飛んでいる。

Dsc_8832

その数は優に千羽は超えていると思う。

Dsc_8387_20240109162601

これだけ居ると『ただツバメ』だけでなく、変わったツバメも入っているかもしれない。

下↓はイワツバメの捕食の瞬間。獲物が小さくて見えないカモ

Dsc_8389

冬の河口はツバメを見るのも楽しみだ。

カワアイサも飛んで来た。ピンク色は橋げたの色の反映。

Dsc_8491_20240109162601

川の出口が塞がってしまったのか、河口の水だまりがまた大きくなっていた。

緑色は工事用ネットの反映。

Dsc_8901

その分鳥との距離が遠くなっている

Dsc_8974_20240109162601

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-11 1/2000-1/3200秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 1月9日 静岡

8月15日

ツバメ

14日 朝起きて窓を開けると虹がかかっていた。5時半ころ。

Img_0381

遊水地へ行くが雨が降ったり止んだり。

それでもカメラを持って車外へ出ると突然の豪雨。車に駆け戻る。

仕方なく帰宅。

Dsc_3012

Dsc_2340_20230814093001

Dsc_2271_20230814093001

Dsc_2350_20230814093001

Dsc_2869_20230814093001

今日の写真は河口で撮ったツバメ。

虹はスマホ撮り ツバメ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 7月23日 静岡市

8月5日 4日の収穫

4日の遊水地

毎日暑い日が続いていますが、このクソ暑い中遊水地を少し回ってみました。

相変わらず鳥の姿は少ないです。

Dsc_7963

飛んでいるのはツバメとヒメアマツバメ

Dsc_7628_20230804204701

木の中に隠れていたカワセミ

Dsc_7675_20230804204701

遊水地では珍しくイソシギが2羽飛んで来ました。

Dsc_7840

イソシギに驚いたのかボラもジャンプしていました。

Dsc_7810

4日に『遊水地4工区』で見られた鳥

キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒメアマツバメ、ケリ、イソシギ、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ツバメ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ドバト

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/500-1/2500秒 ISO400 8月4日 静岡市

7月27日 飛燕

ツバメ

飛んでいるものと言ったらトンボとツバメ類

Dsc_0174_20230725091001

他の鳥を求めて河口まで歩いたが暑いだけ

Dsc_0573

安倍川河口は東側の水の出口が塞がって西側の出口だけになっていた(23日)

Dsc_0915_20230725091001

東側の水溜りがまた大きくなって、対岸の中州迄の距離が遠くなった

Dsc_0983

双眼鏡で鳥を探しても遠過ぎて陽炎ユラユラでほとんど見えない

Dsc_2090_20230725091001

再び草原に戻ってツバメを狙う

Dsc_1689_20230725091001

飛んでるツバメは全てMFで撮る。

Dsc_1748

今の私には、小さな鳥の飛翔はMFでないと撮れない。

フイルムの時には出来なかった連写が惜しげなく出来るからだ。

いわゆる『数撃ちゃ当たる』方式です。

今の私の撮り方では、連写のスピードが速ければ速い程ピントが合った様に見えるカット数も増えると思っています。

実際にはどうなのか、連写スピードが10コマ/秒以上のカメラを使ってみないと分からない事です。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 7月23日 静岡市

7月25日 ただの無精か

ツバメ(亜種アカハラツバメ)

河口へ行くとツバメが飛んでいた。

他に鳥の姿も見当たらない。

どうせ鳥もいないだろうと思い、カメラを三脚に付けずに歩いていたが、

試しにツバメを狙ってみた。

Dsc_0342

狙ってみるとなかなか手ごわくて、ムキになって来る。

Dsc_1149

気付けば肘が固まっている。

Dsc_1150

またやってしまった。

Dsc_1593_20230724140701

今日はお腹に少し赤味の有る『亜種アカハラツバメ』の様な物。

下が普通のツバメ。

Dsc_1008_20230724140701

お腹が赤く見えるのは『風呂に入っていないだけ』と言う人も居るが…

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 7月23日 静岡市

7月22日 今日は三脚

20日は軽いマクロで遊水地に行ったら、トンボも近くへ来てくれない。

2時間程居て、暑い思いをしただけで残る画像も無かった。

で、今日(21日)は三脚使用です。

ヒメアマツバメ

三脚にしたからと言って、鳥が出てくれるわけでも無いし、近くへ来てくれる事も無い。

Dsc_7471_20230721220901

ただ、今までに比べ少しだけ暑さが和らいだかな

Dsc_7473

とは言え、ジッとしていても汗は出て来る。

Dsc_7474

ヒメアマツバメが時々水を飲みに下へ降りてくる。

Dsc_7867_20230721220901

遠い事は遠い。

ツバメ

ツバメは多くは無いが飛んでいる。

Dsc_7884

飛んでいるのはほとんど若い個体 下はある程度大人だ

Dsc_7892_20230721220901

ヒメアマに比べると少しは近くへ来てくれる

Dsc_7946

カメラで狙われているのが分かるのか、正面から来るものは少ない。

Dsc_7953

大体が背後から私の体をかすめる様にすり抜けて前に出て、左右どちらかへ曲がって行く。

思う様には撮らせてもらえない。

左ひじの痛みはだいぶ緩和されました

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO800 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月21日 静岡市

7月20日 出てはみたが

ツバメ

図書館から予約した資料が届いたと知らせがあり、暑いけれど出掛けてみた。

ついでだから遊水地も少し回ってみた。

ツバメ、コシアカツバメ、アマツバメが飛んでいたが近くへ来ない。

ウグイス、ホトトギスは声ばかり。

Dsc_4839

近くへ来てくれるのはトンボ位。

Dsc_4818_20230719221601

日陰も無いので早々に退散。

Dsc_4460

今日の写真は15日に河口で撮ったツバメ。

Dsc_4259

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO800 7月15日 静岡市

7月18日 大口比べ

ツバメ

ツバメのヒナが親を待っている間に小競り合い

『俺の方が大きいぞ』『大口たたくな』

Dsc_0056_20230717115801

お互いに大口あけて大きさ比べ

Dsc_0026_20230717115801

負けた方が相手のクチバシを塞ぐようにくわえて『どうだ!』

Dsc_0027_20230717115801

でも、すぐに仲直り。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000秒 ISO800 6月21日 静岡市

7月12日 僕にも出来る 最終日

ツバメ

親からの給餌を待つばかりでは無く

Dsc_0041_20230711200401

自分でも飛んでいる虫を捕まえる力はありました。

かわせみフォトクラブ会員作品展も今日(12日)4時迄です

暑いので大変ですが、会場はヒンヤリ快適です。

まだの方はぜひ足を運んでご覧頂きたいと思います。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000秒 ISO800 6月21日 静岡市

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 00001 麻機周辺 地図 00002 麻機の野鳥 リスト 0002船越公園の野鳥 0003 安倍川・丸子川河口周辺の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 043 アカハジロ 044 メジロガモ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 211 ソリハシセイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 216 オオジシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 226 コシャクシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 258 ウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 287 ズグロカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 296 シロカモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 470 ムジセッカ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 503 キバシリ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 626 シベリアジュリン 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 プラモデル 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

静岡バードウオッチング

無料ブログはココログ