カテゴリー

虫(トンボ)

10月3日撮影

ノビタキ

Dsc_5694

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/2000秒 ISO800 トリミング 2019年10月3日 静岡市

 

シオカラトンボ

シオカラトンボだと思いますが、翅の色が変わっています。

Dsc_5755

Dsc_5728

Dsc_5748

Dsc_5709

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/640-1/1000秒 ISO800 トリミング 2019年10月3日 静岡市

ひげじゃないの

マユタテアカネ

図鑑では「眉斑」が有る事がこのトンボの特徴と書いてありました。

「眉」がどこになるのか、ほとんどのトンボ図鑑には「眉」に当たる場所が書いてありません。

昔、無理して買った「トンボのすべて 改訂版」(井上 清・谷 幸三 共著 2002年5月 トンボ出版発行)には出ていました。

トンボの額(前額)に当たる部分は目玉(複眼)の下にあったのです。ビックリポン!です

Dsc_6063

目の下の鼻の様に見える所にある、ちょび髭の様な黒斑、これが「眉斑」でした。

Dsc_6438

メスは羽の端に黒斑が有るものと無いものがいるようです。

ハグロトンボ

オスの体(腹部)は緑色のキレイな金属光沢があります。

Dsc_6023

メスは地味な褐色です。

Dsc_6284_20190926172301

ギンヤンマ

ギンヤンマも近くで産卵していました。

Dsc_6327

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(250-400mm) 絞りF8 1/60-1/250秒 ISO400 トリミング 2019年9月22日 静岡市

銀ならいいさ

ギンヤンマ


この日(9月19日)、ようやくコサメビタキを見付けましたが、写真に撮る事は出来ませんでした。


撮れたのはギンヤンマ。


Dsc_4349  


Dsc_4393


Dsc_4458


Dsc_4398


それでも飛んでいるギンヤンマは写欲をそそる被写体です。


Dsc_4481


Dsc_4414


Dsc_4623


Dsc_4423


あまり夢中になって追い回すと目が回り、頭痛が残ります。


 


ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF8-11 1/1000-1/2000秒 ISO400 トリミング 三脚:スリック 雲台:マンフロット 2019年9月19日 静岡市

休憩

チョウトンボ

Dsc_0757a

Dsc_1677

ギンヤンマ

Dsc_1960

ショウジョウトンボ

Dsc_2138

コフキトンボ

Dsc_2183

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF7.1 1/800-1/1000秒 ISO400 トリミング 三脚:スリック 雲台:マンフロット 2019年8月3日 静岡市

腰空き?

コシアキトンボ

Dsc_1881

Dsc_2337

Dsc_2343

Dsc_2346

Dsc_2399

Dsc_2400_20190806224001

Dsc_2401

Dsc_2427

AFレンズにまだ慣れないので、飛んでいるトンボもAFでは撮れない。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(100-400mm)MF 絞りF7.1-8 1/500-1/1000秒 ISO400 トリミング 三脚:スリック 雲台:マンフロット 2019年8月3日 静岡市

ガード

シオカラトンボ

車のすぐ横の田んぼでシオカラトンボが産卵行動をしていました。

シオカラトンボ24

産卵するメスのそばをオスがピッタリくっ付いて飛んでいます。

シオカラトンボ25

他のオスにメスを奪われない様にオスは周りに目を配ります。

シオカラトンボ26

昨日のキビタキのオスもそうでしたが、生物のオスは自分の遺伝子を残す為に一生懸命です。

シオカラトンボ27

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(220mm)MF 絞りF8 1/2000秒 ISO800 車内から撮影 トリミング 2019年5月19日 静岡市・麻機

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。元に戻るにはパソコン画面上方に出た「タブ」=「見出しの様な物」の×をクリックして下さい)

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします。ランキング画面になりますが、その表の中の「かわせみのひとりごと」をクリックしていただければ元のブログ画面に戻ります。


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気アップになります

鳥はいないか

暑いばかりで、鳥の少ない遊水地。

諦めて車に戻ると足元からトンボが飛び立ち、近くの草に止まった。

翅に茶褐色の帯がある。

ミヤマアカネだ。

車にマクロレンズを積んでいたのでそれに代えて、撮影。

Dsc_5449

ミヤマアカネはジッとして動かないので、変化が無い。

他に何か居ないかと周りを見ると、イトトンボがいた。

このタイプはよく分からないが多分

セスジイトトンボ

Dsc_5380

こちらはすぐに飛ぶ。

撮ろうと思えばまだ撮れたが、暑さに負けて早々に退散。

ニコンD500 Aiマイクロニッコール105mmF2.8 絞りF8 1/60-320秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 2018年 8月17日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

何に向かって

ウスバキトンボ

秋風が立つ頃になると『赤とんぼ』が飛び始めます。

ウスバキトンボ18

トンボの専門家によると、『赤とんぼ』とはトンボ科アカネ属アカトンボ属に属するトンボを総称して呼ぶそうです。

Dsc_0004

今日のウスバキトンボは、厳密にはトンボ科ウスバキトンボ属のトンボなので、『赤とんぼ』の仲間にはならないのですが、

Dsc_0005

群れで飛んでいて、一番目に付くトンボなので、これを『赤とんぼ』と呼ぶ事が多いと思います。

Dsc_0006

幼虫は越冬できないので(『八重山諸島で幼虫の越冬を確認』されています)、成虫が毎年南から飛んで来て、50日足らずで世代を繰り返し、北上します。

何の為に北上をし、死滅を繰り返すのか不明。

『世界で最も広く分布するトンボ』と言われています( 『』内は「日本のトンボ」文一総合出版を参照 )。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/400-1/1000秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 8月 1日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

ウチワじゃ間に合わん

ウチワヤンマ

今年の暑さは半端ない

ウチワヤンマのウチワじゃとても足りない。

Dsc_0008

それでも居れば撮ってしまう。撮っている時には暑さも忘れる。

Dsc_0009

この2頭は更に熱い

Dsc_0010

11日の夜辺りから急に気温が下がった。

この記事はまだまだ暑かった頃に書いたものです。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/1600秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 6月19日と8月1日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

チコちゃんも知っている

ギンヤンマ

遠くでギンヤンマがホバリングしている。もう少し近くへ来たら撮りたくなる。

Dsc_0016

待っているとこちらへ飛んで来ました。

Dsc_0012

スッ!、スッ!、と飛んで来る。

Dsc_0014

近くでゆっくりホバリングしてくれたら嬉しい。

ところで、パッと見のイメージは緑色のヤンマなのに何故『”銀”ヤンマ』なのか?

皆さんはご存知ですか?

もちろん、チコちゃんは知っています

Dsc_0015

その答えが下の写真。

Dsc_3715

『エ~ッ、こんなチッコイところで名前が付いたの?』とお思いでしょうが、私などは

Dsc_3772

一番捕りたいオニヤンマが『”金”ヤンマ』で、次に捕りたいトンボだから『”銀”ヤンマ』だと思っていました。

『ボーッ と生きていました』

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/1000-1/2500秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 7月26日と8月14日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 0002船越公園の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト

birds counter

  • カウンター
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ