カテゴリー

虫(トンボ)

9月18日 トンボ

リスアカネ

4工区のサクラタデが沢山ある区域

Dsc_5638_20230916221201

ここにはリスアカネが多い

Dsc_6165

ギンヤンマ

ギンヤンマは憧れのトンボ

Dsc_5680_20230916221201

いまでも見つけると捕まえたくなるが、今は写真でガマン

Dsc_5649_20230916221201

コフキトンボ

シオカラトンボに似ているが少し小さい

Dsc_2664

寸詰まりの体に大きな目玉が可愛らしい

Dsc_2705_20230916221201

ウスバキトンボ

開けた空間があればどこでも飛んでいる、今を代表する様なトンボ

Dsc_7053_20230916221201

『赤とんぼ』と見られる事も多いが、難しい事を言うとウスバキトンボはいわゆる『赤とんぼ』では無い。

Dsc_7052

『赤とんぼ』は秋に赤くなるアカネ属の仲間を『赤とんぼ』と言う。

まあ、赤っぽく見える個体もいるんだから『赤とんぼ』でも間違いでは無いと私は思う。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/125-1/3200秒 ISO400-800 7月27日から9月15日 静岡

8月30日 トンボ

トンボ

鳥の群れもピントが難しいですが、トンボの群れも同じく難しい。

Dsc_6544

上は交尾したチョウトンボを追いながら撮っていたら奇跡的に被写界深度内にいくつかトンボが入ってくれた

チョウトンボの交尾時間は短くて、しかも交尾すると何故か周りのやつがジャマするように集まって来る

それを狙ってみた。

下はショウジョウトンボのオスが集まって来た所

Dsc_5836

これも同じように交尾したカップルをジャマするようにオスが集まって来るところを狙ってみた。

下は産卵中のショウジョウトンボメスを守る様に周囲をパトロールするオス。

Dsc_5738_20230828105001

下は縄張りをパトロール中のオス

Dsc_6898_20230828105001

チョウトンボの交尾時間は短い上に周りのオスがジャマするので交尾しているところはなかなか撮れない。

Dsc_6096

Dsc_6467

Dsc_6650_20230828105001

カメラの近くで交尾してくれた。素早く捉えたつもりでも

秒10コマの連写で交尾した姿は3コマしか撮れなかった。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 8月27日 静岡

8月25日

ウスバキトンボ

24日は少しだけ、ほんの少しだけ気温が下がった。

Dsc_8506

ところがお天気が気まぐれで、突然雨が降って来る。

Dsc_5694_20230824203701

その内に気温も上がって来るし、外へ出る気もそがれる。

Dsc_5700_20230824203701

今日も虹が出ていたが、周りの家が入り過ぎるのでやめた。

Dsc_1376_20230824203701

図書館で本を借りて来て、本はたくさん読める。

Dsc_1409

今日はトンボの写真だ。(8月24日・記)

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/500-1/2500秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月27日から8月17日 静岡市 

8月18日

コシアキトンボ

台風が去ってもお天気が落ち着きません。

Dsc_5696_20230816145601

まあ、18日くらいになっていれば良くなっているかもしれません。

Dsc_9006_20230816145601

今これを書いているのは16日で、時々強い雨が降って来ます。

Dsc_9119_20230816145601

この記事が出る頃には新しい写真が撮れているかもしれません。

Dsc_9462

鳥撮りのモチベーションが上がりませんが、

Dsc_4297_20230816145601

これもお天気が良くなり、外へ出られればまた変わるでしょう。

Dsc_4586_20230816145601

類似作品ばかりで、私もつまらないね。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-8 1/125-1/2500秒 ISO400-800 7月20日から7月26日 静岡市

8月8日 トンボ

鳥が撮れない時はトンボ

シオカラトンボ

Dsc_8345_20230802123801

メス

Dsc_7482_20230805095801

コシアキトンボ

Dsc_8337_20230802123801

ショウジョウトンボ

Dsc_8947_20230802123801

ウチワヤンマ

Dsc_8275_20230802123801

Dsc_7731_20230805095801

チョウトンボ

Dsc_8696_20230802123801

コフキトンボ

Dsc_7685_20230805095801

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/125-1/2000秒 ISO400 7月2日から8月4日 静岡市

8月2日 銀狙い

ギンヤンマ

何処も鳥が居ないと聞くと、この暑さだし何処へ出る気にもならない。

それでも何か撮らないとネタが無くなる。

Dsc_5640_20230801095701

「ハスとカワセミ」可能性は低いが他所も期待が薄いなら、此処で待つ。

Dsc_5618_20230801095701

唯一の木陰で待つが、カワセミも来ないし、ものぐさな撮り方では良い花もそばには無い。

Dsc_5674

かと言って木陰から一歩外へ出ると容赦ない陽射しであっけなく撤退。

Dsc_5741_20230801095701

木陰で待っていると時々ギンヤンマが飛んで来る。

Dsc_6092

キレイなモデルさんだ。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月27日から29日 静岡市

7月29日 華

ハストンボ

遊水地第一工区のハス池

Dsc_3514_20230728112501

例年なら今頃沢山のハスの花が咲いているはずなのに、

Dsc_3743_20230728112401

今年は花の大切な時期に大雨で水没などの被害が有って

Dsc_4182

ほとんどの花がダメになってしまい、今は何とか成長できた花だけが咲いています。

Dsc_4319_20230728112401

池は何となく寂しく、訪れる人も大変に少ない。

Dsc_4565

暑い事もあって、長居は出来ないが折角咲いてくれた花を少し撮って来た。

Dsc_4702_20230728112401

チョウトンボがようやく蕾に止まってくれた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/125-1/2500秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月26日 静岡市 

7月28日 尻切れ

コシアキトンボ

コシアキトンボの事を『尻切れトンボ』だと思っていた時期もあった。

Dsc_9010_20230727125301

大人が冗談で行った事を真に受けていたのだろう。

Dsc_9085

今でも時々『腰空き』が出なくて『尻切れ』と言いそうになる事が有る。

Dsc_9227

当のトンボにとってはどちらも気に入らないだろう。

Dsc_9197_20230727125301

植物にはもっとひどい名前も有る

Dsc_9430_20230727125301

「ヘクソカズラ」なんて言うのも有るし、

Dsc_9209

鳥にも「アホウドリ」なんて名前も有る。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-8 1/1250-1/2500秒 ISO400 7月22日 静岡市

7月21日 蝶のように舞い

チョウトンボ

7月19日

図書館から予約した資料が届いたとのお知らせがあったので、ついでに遊水地も回ってみた。

着いたのがお昼少し前頃で猛烈な暑さ!

鳥なんかその辺に見えないし、探す気にもならない。

池の反対側の遠い所でツバメやアマツバメが飛んでいるが、近くへ来ない。

待つのも大変で、近くを飛び回っているトンボを狙う。

こやつら、こんなに暑いにもかかわらず元気。

Dsc_5774_20230720121001

元気すぎるくらいにせわしなく飛び回っている。

Dsc_5785_20230720121001

1秒とジッとしていない。レンズに入らない。イライラすると更に暑い!!

Dsc_5833

蝶のように舞うチョウトンボは飛び方が不安定で近いと入れるのが大変。

Dsc_5788_20230720121001

今回は手持ちで2時間ほど追い掛けたが、撮り終ってみたら左ひじが固まってしまい、今日(20日)になってもまだ痛い。

Dsc_6110

次は軽いマクロレンズで追う事にしよう。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000秒 ISO400-800 7月19日 静岡市

7月17日(2)海の日の遊水地

真夏の遊水地

海の日に、よく晴れた遊水地に行って来ました。

猛烈な暑さ💧

日向を歩いているとめまいがして、倒れたらそのまま干からびそう

小さな木陰を見付けてそこでしばらく撮影。

オニバスの蕾も猛烈な暑さに開くのを考えているのか

Dsc_5398

この暑さの中シオカラトンボが元気に飛んでいた。

Dsc_5320_20230717114001

この小さな池には数頭のシオカラトンボがいた。

Dsc_5374

小さな池なのでお互いに縄張りを守るのにせわしなく飛び回っている。

Dsc_5180

木陰で横着な撮り方をしていたので動きについて行けない。

あまり真剣に追い回していると、クラクラして来るので、干乾しになる前に撤退。

白いハスが一輪咲いていた。

Dsc_5405_20230717114001

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/2000秒 ISO400 7月17日 静岡市

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 00001 麻機周辺 地図 00002 麻機の野鳥 リスト 0002船越公園の野鳥 0003 安倍川・丸子川河口周辺の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 043 アカハジロ 044 メジロガモ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 211 ソリハシセイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 216 オオジシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 226 コシャクシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 258 ウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 287 ズグロカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 296 シロカモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 470 ムジセッカ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 503 キバシリ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 626 シベリアジュリン 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 プラモデル 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

静岡バードウオッチング

無料ブログはココログ