カテゴリー

日記・コラム・つぶやき

11月3日(2)安倍川の風車 去りぬ

本日二本目

風と共に

安倍川河口にあった風力発電の風車『風電君』が無くなった。

まともに動いている姿の記憶がほとんど無い。

工事が完了したのが2004年2月と言う事で17年間ほどあそこに立っていたのに。

かなりのお金を使って建設し、かなりのお金を使って撤去したと思うが???

写真も沢山撮っていたはずなのに、今回探してみたらほとんど残ってない。

悲しいね。

在りし日の姿 富士山と『風電君』  2019.09.14

Dsc00266

撤去作業中 2021.10.27 見ているだけで足がすくむ

Dsc_0389

タワーの高さは65m、羽の長さは35m 羽先端は地上高100mになる

作業の様子を見る。ミサゴが飛ぶ

Dsc_0484

撤去完了。21.11.03 クレーンの辺りに『風電君』は有った。

Dsc01954

風の無い日にはモーターの回る音と共に風車が重そうに動き出し、風の強い日には風車が回らない様に電気の力で回転を止めていた? 外から音を聞いているだけだとそんな不思議な風力発電『風電君』だった。

最近、安倍川河口で新記録の鳥が見つかっている。

10月28日にT.Suzukiさんがニュウナイスズメを観察、撮影されている。

10月29日にY.Nisizawaさんがアオバトを観察、撮影されている。

「私の」安倍川河口の鳥類リストに加えさせて頂きました。

 

 

9月28日 鷹見

鷹の渡り

一年に一度は見たい「タカの渡り」

Dsc01941

雨上がりの翌日で最高のお天気。

富士山と鷹 まあ、こんなもんです。トリミング無し。

Dsc_5323

初冠雪をいただいた富士山も綺麗に見える。

今日最高に近くへ来たハチクマ。最高トリミング。

Dsc_5407_20210927210701

タカが出ない訳が無いと、勇んで出掛けたが、

今日最高に近くへ来たハヤブサ気付くのが遅れた。

Dsc_5509

私が居る間は大きな群れの出は無く、私が帰った後でかなり出た様だ。

今日一番の『一目7羽』

Dsc_5282_20210927210701

でも、最高のロケーションの中でのんびりタカの出を待つ事が出来たのは、

それはそれで幸せな時間を過ごせた。

2021年 9月27日 静岡市

9月27日(2)初冠雪今度こそ

本日二本目

富士山初冠雪

9月7日に一度発表さた初冠雪でしたが、9月20日に今年の最高気温を更新したため、昨日(26日)の夕方冠雪が観察されたため、今年の初冠雪が改めて発表されました。

Dsc_8020

写真は本日27日の富士山です。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (100mm) 絞りF8 1/6400秒 ISO400 9月27日 静岡市

9月7日(2) 初冠雪

本日二本目

富士山初冠雪

富士山の初冠雪が発表されました。

静岡側からは昨日既に冠雪が見えていましたが、富士山の初冠雪を発表するのは甲府地方気象台と決まっているので、今日が今季の初冠雪の記録になりました。

Dsc_9859

平年より25日早く、昨季より21日早いそうです。

富士山:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF8 1/3200秒 ISO400 9月7日 静岡市

セッカ

昨日 一昨日のセッカ。

親離れでしょうか、セッカが飛び回っていました。

Dsc_7228_20210907154801

セッカ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF8 1/3200秒 ISO800 9月5日 静岡市

9月4日 稲刈り

サギ達

もう随分鳥撮りに出ていない。世間はもう稲刈りの頃なのか?

Dsc00059

2019年9月2日の風景。

SONY RX100Ⅲ Vario-Sonnar T* 8.8-25.7mmF1.8(23.53mm相当)Pオート 2019年9月2日

8月19日 『いぬわし』現る

『いぬわし』現る!?チュウシャク付き

毎度おなじみの海岸。

チュウシャクシギ

Dsc_0004_20210816201101

シギチのシーズンには鳥撮りさんもやって来る。

Dsc_0005_20210816201101

今日はチュウシャクシギ。

Dsc_0006_20210816201101

カニを捕まえてご機嫌。

Dsc_0003_20210816201101

上空には海上保安庁のヘリコプター

Dsc_171180

機体には「いぬわし」の文字。

Dsc_171181

※註:『いぬわし』は『いぬわし』でも機械仕掛けの「いぬわし」でした。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/1600-1/3200秒 ISO400 8月6日 静岡県

8月13日 物欲をそそる

ツバメ

最近は欲しくなるような新製品も出ないとつい最近書きました。

ところが、欲しくなるようなカメラが知らない内に出ていたんです。

Dsc_8146_20210811170701

私も最近では写真雑誌なども見なくなったので全く知りませんでした。

思い掛けない所で見掛けてしまい、一目見て欲しくなりました。

Dsc_7923_20210811170701

カメラの名前は Nikon Z fc

昔ながらのデザイン、ダイヤル操作、カメラをいじる楽しみがありそうです。

Dsc_7805

これならミラーレスでも欲しいと思えます。

『ニコン親爺』の気持ちもこれで騒いでいるでしょう。

若い人にもこのデザインが人気で、品薄状態だそうです。

Dsc_7541

このところ勢いの無かったニコン。少しは元気が出るか。

Dsc_7304_20210811170701

これで何を撮るの?と言われると・・・

確かに今はD500で間に合っているし、Z fcを買っても鳥撮りに使う事はまず無いでしょう。

Dsc_7293_20210811170701

でも、久々に物欲をそそるカメラが出て来て嬉しくなりました。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR MF  絞り開放 1/2500秒 ISO400 8月4日 静岡市

8月2日(2)隼の去った後

摂理

ハヤブサは何も捕らずに去って行ったように見えた。

Dsc_4249

しばらくはアオバトも出て来ないし、静かな時間が過ぎて行った。

この日は海上に漂流物が多かったが、波は静かだった。

そんな漂流物の中の一つに目が止まった。

テトラが二段になってから見る事が無かったが、溺れているアオバトに間違いない。

Dsc_4066

何でこんな静かな日に溺れてしまったのか?

原因は家に帰ってから画像確認していて分かった。

画面端っこにピンボケで写っていた。

Dsc_4247

ハヤブサはアオバトに一撃を加えていたのだ。

これを撮っていた私にはこの瞬間が見えていなかった。

こちらへ向かって全力で飛んで来るアオバト2羽を追っていて、その2羽が急に両側に分かれてどちらを追うか迷ったがシャッターは押し続けていた。

画面は目標を見失い、これ以上は追っていない。

ファインダーの中ではアオバトもハヤブサも見えていなかったのだ。

ハヤブサが此処まで来ていたとは。

ファインダーから目を離してハヤブサが近くに来ているのに気付き慌てて今回の最初の写真を撮った。

アオバトは逃げたと思っていた。

 

海上を浮いていたアオバトはしばらくすると沈んで見えなくなった。

それを忘れた頃、トビが飛んで来て海上から何かをすくい捕ってテトラの上で食べ始めた。

Dsc_4222

アオバトだった。

やがてカラスも集まって来て、 それが自然界の摂理。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO800 VR-OFF   7月27日 静岡市

12月25日 「野鳥の会」会員ならば

ルリビタキ

「野鳥の会」の会員を野鳥のスペシャリストだと思っている人がいるようです。

Dsc_2492

『散歩の途中で鳥の子供がカラスにいじめられているのを見たから、「野鳥の会」の会員なら何とかしろ』

『川の中州に鳥が集まる様になったのに、工事で中州がどんどん削られているから何とかしろ』

とか、、、

Dsc_2602

私は確かに「野鳥の会」の会員ですが、カラスを捕まえたり、工事を止めたりする力は持っていません。

Dsc_2637

ほとんどの「野鳥の会」会員は一般の人と同じ普通の人です。カラスをホイホイ捕まえる特殊身体能力も無いし、公共工事を止める『お上』との太いパイプも多分持っていないと思います。

「野鳥の会」会員は、私と同じ様に少し鳥が好きで、野鳥保護の寄付替わりに会費を払って、会員になっている人がほとんどだと思います。

Dsc_2917

会員になるために特殊身体能力の審査がある訳でも無いし、難しい国家試験が有る訳でもありません。
ましてや紅白のウチワの数を間違いなく素早く数える事が必須条件にもなっていません。

Dsc_2958

会費さえ払えば誰でも「野鳥の会」会員になれるのです。

Dsc_4283

「野鳥の会」会員でも鳥との関わり方は人それぞれです。

写真撮影データ:ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/80-1/160秒 ISO800 WB(晴天)(白地署名はトリミングあり)2020年12月13日から16日 静岡市

9月29日 初冠雪と鷹の渡り

富士山と鷹の渡り

28日、富士山に初冠雪が有りました。

21日にも冠雪が有ったようですが、正式な記録は28日になったようです。

朝には雪化粧した富士山が綺麗に見えていましたが、私が現地に着いたのがお昼頃で、雪もほとんど融けて、おまけに雲まで広がって、残念な写真になってしまいました。

Dsc_4962

鷹の渡りは年中行事みたいなもので、この時期になるとこれを見ないと落ち着きません。

Dsc_4969

静岡でも有名なタカ見の場所ですが、今日は高い所ばかりでした。

Dsc_4998

私が見ている間に飛んだのは150羽くらいでしょうか。

今日は空気が澄んで見晴らしがよく、気持ちの良いタカ見日和の中で幸せな時間が過ごせました。

静岡のタカの渡り情報はコチラに詳しく掲載されています。是非ご覧ください。

 

写真撮影データ:ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(100-400mm) 絞りF8-11 1/1600-1/3200秒 ISO400 WB(晴天)(白地署名はトリミングあり)2020年9月28日 静岡市

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 00001 麻機周辺 地図 00002 麻機の野鳥 リスト 0002船越公園の野鳥 0003 安倍川・丸子川河口周辺の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 043 アカハジロ 044 メジロガモ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 211 ソリハシセイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 226 コシャクシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 258 ウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 287 ズグロカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 503 キバシリ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 プラモデル 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

静岡バードウオッチング

kaimono

  • マンガでバードウォッチング 792円は電子版 紙の本は935円を選んで下さい
  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
無料ブログはココログ