カテゴリー

6月13日 イワツバメとボラ

イワツバメ

久し振りに遊水地へ行ってみた。

Dsc_7209

撮る物が見つけられない。

Dsc_6898

イワツバメが飛んでいたのでそれを狙ってみた。

Dsc_6697

周りにはきれいな緑が一杯あったので、それがバックに入ればいいと狙ってみたが、

Dsc_6994_20220609214901

こちらが思う様には飛んでくれない。

Dsc_6996_20220609214901

飛んでいる物を速くファイダーに入れる訓練にはなる。

Dsc_7062_20220609214801

イワツバメ:絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO400-800 6月9日

 

狙った物を速くファイダーに入れられれば鳥以外でも撮れちゃう事も有る。

例えば水中から飛び出すボラ。

ボラは2回3回と続けてジャンプする事があるから、

Dsc_7650

1回目のジャンプで、飛んだ距離と飛び込んだ方向を見定め、次のジャンプで飛び出す場所を予測して、ピントをMFにして飛び出すのを待つ。

Dsc_7760

待っているファイダーの中にボラが飛び出てくれた時の快感は何とも言えない。

ボラ:絞りF7.1 1/3200秒 ISO400 6月10日

共通データ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR  静岡市

5月25日 飛び出す

ボラ

コアジサシを待っている時、近くでボラがジャンプした。

Dsc_2683_20220523174401

何故か2匹がほぼ同時に数メートル離れた所でジャンプする。

ボラの場合続けて何度かジャンプする事が多い。

Dsc_1854_20220523174401

音を頼りに超望遠のファイダーで追ってみた。

Dsc_1860_20220523174401

音が聞こえるほど近いから入れるのは大変だった。

Dsc_2146_20220523174401

ボラも数回しかジャンプしなかったし、MFで適当に撮ってみたがそれなりに撮れていたのには我れながら驚いた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF8 1/4000秒 ISO400-800 5月22日 静岡市

10月9日 チョウハチギョ

アカボシゴマダラ

Dsc_8462_20211006152901

最近注意しているからなのか、目にするアカボシゴマダラ

Dsc_8617

こちらは翅の傷み具合から別個体だろう

Dsc_8619_20211006152901

準絶滅危惧種

 

オオハキリバチ タイワンタケクマバチ

Dsc_9514

ミズアオイの花にまとわりついていた。

Dsc_9470

真っ黒な大きなハチ

Dsc_9472

多分オオハキリバチ タイワンタケクマバチ

 

ボラ

Dsc_8244_20211006152901

撮る物が見つけられずジャンプするボラを撮ってみた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-8 1/1600-1/5000秒 ISO400-800 10月5日と6日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

6月18日(2)オイカワ

本日二本目

オイカワ

ササゴイに食べられていたオイカワ。

Dsc_3206_20210616164701

遊水地を歩いていて見つけました。

Dsc_3121_20210616164701

浅い池の中に沢山の魚が泳いでいました。

注意して見るとそれはみんなオイカワでした。

Dsc_3188_20210616164701

子供の頃、タモでオイカワを捕まえバケツの中に入れておくと、すぐに死んでしまいました。

一緒に捕った他の魚は生きているのに、オイカワは何故かすぐに死んでしまいました。

Dsc_3310_20210616164701

何度かそんなことを経験すると、オイカワは捕まえてもすぐに放しました。

Dsc_3211_20210616164701

ほかの魚も一緒に逃がしてやれば良かったのに、家に持ち帰って母に叱られたものでした。

Dsc_3194

子供の頃に住んでいたのは静岡駅のすぐ南。南町です。

Dsc_3148

その頃はまだ田んぼも残っていて、家の裏を流れるドブ川にもヘイケボタルが居て、小魚も時々上って来ました。

ヘイケボタルは小さくて、子供の私はゲンジボタルに憧れていました。

ヘイケボタル、今では何処を探しても見当たらないですね。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/800-1/2000秒 ISO800 6月12日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

3月31日 コイ

本日二本目

コイ

雨上がり、池と池をつなぐ水路でコイが暴れていた。

Dsc_4704

雨で増水した流れを上って上の池に行こうとしているのだ。

Dsc_4674

ただ、私がこれを見つけた時にはもう流れが少なくなっていて、

Dsc_4666_20200329204101

流れを上るコイもこの後出てこなかった。

Dsc_4712

近くで釣りをしていた人に『さっきまではすごく上っていたよ』と言われた。

Dsc_4708_20200329204101

ここにたどり着くのが少し遅かった。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(210mm) 絞りF8 1/640秒 ISO400 2020年3月28日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

跳ぶ

本日2本目

ボラ

有害鳥獣駆除の銃声で鳥が居なくなってしまい、そのまま帰るのもしゃくなのでボラのジャンプを撮って時間を過ごしました。

Dsc_2139_20191105221801

Dsc_2136

Dsc_2160

Dsc_2142

Dsc_2129

Dsc_2163

本日2本目

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF8 1/2500秒 ISO400 トリミング 2019年10月28日 静岡市

逃げられる

ミサゴ

狙いを定めて急降下を開始

ミサゴ819

高度が下がって来るとバックに色々な景色が入ってくる。

ミサゴ820

AF(オートフォーカス)だと此処で大体バックの景色や水面にピントが行ってしまう。

フォーカスロックを使えば良いだろうが、慣れないから焦って違うボタンを押してしまう。

次にピントが合うのがミサゴが水面から上がって来るところ。

ミサゴ821

AFに慣れていないから飛び込む瞬間が撮れない。

ミサゴ822

MF(マニアルフォーカス)だとこのレンズ(400mmF6.3)では、600mmF4の時のファイダーと比べ、画角が広くなり同じ距離なら鳥が小さくなり、F6.3の暗いファイダーでピントのピークがつかみづらく難しい。

ミサゴ823

AFレンズに慣れるだけではなく、ボディーのAFに関する設定も覚える事は色々ありそうだ。

AFもなかなか大変ですね。

ボラ39

ボラにも逃げられました。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/2500-1/3200秒 ISO400 トリミング 2019年3月24日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。元に戻るにはパソコン画面上方に出た「タブ」=「見出しの様な物」の×をクリックして下さい)

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします。ランキング画面になりますが、その表の中の「かわせみのひとりごと」をクリックしていただければ元のブログ画面に戻ります。


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気アップになります

色々です

ヨシガモ

ここ数年、遊水地ではカモ類が激減していますが、何故かヨシガモは増えているような気がします。

Dsc_7251

昔はヨシガモが少なくて、見付ければ大急ぎで撮影したものです。

Dsc_6639

最近ではヨシガモが居てもレンズを向ける人が減っています。

Dsc_7136

それでもヨシガモはキレイなので居れば撮影します。

コイとフナ

ヨシガモを撮っていると、時々その周りで魚がジャンプします。

Dsc_6723

何で魚はジャンプするのか?

Dsc_6726

背中が痒いからか?メスにカッコイイところを見せているのか?

Dsc_7026

ジャンプする日が決まっているのか?今日はよくジャンプしていた。

オシドリ

何処でジャンプするか分からない魚を狙っていると、近くに居た『RINO』さんがオシドリを見付けた。

Dsc_6832

いつの間にか池の中央付近まで出て来ていた。

Dsc_6926

折角のオシドリでしたが、曇り空を映した白い水面が残念でした。

Dsc_6931

この時出て来たオシドリはオスが一羽だけでした。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/250-1/1600秒 ISO400 トリミング 2019年3月10日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

青い鳥と魚

ルリビタキ

Dsc_4120

Dsc_4081

Dsc_4042

ルリビタキ:1/60-1/400秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 2018年12月29日 静岡市

魚のジャンプ

Dsc_5649

Dsc_5938

Dsc_5662

魚のジャンプ:1/3200秒 ISO200 トリミング 2019年1月4日 静岡市・麻機遊水地

共通データ:ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の青色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

コイに恋して

ダイサギ

遊水地での初撮り。

『サギ師』と言われた(昔はサギばかり撮っていた)私の、遊水地初撮りはやっぱりサギ。

本当は違う鳥を撮っていますが、サギは写真のモデルとして今でも大好きな鳥ですから、ダイサギでスタートです。

Dsc_6138

ダイサギ:1/5000秒 ISO200

コイ

鳥が少なくて、これと言って撮る鳥も見当たらない。

池を見ていれば、魚が時々ジャンプしています。

鳥が飛ばないのなら、飛んでる魚を撮ります。

Dsc_6038

以下、この日に撮ったコイです。

Dsc_5561

他にボラやフナもジャンプしていました。

Dsc_5625

何で魚はジャンプするのでしょうか?

Dsc_5596

『背中が痒い(かゆい)から』と言う人も居ます。

Dsc_5597

『水面近くを飛んでいる虫を捕まえる為』

Dsc_6211

『たまには水上の景色も見たいから』

Dsc_6061

『メスにカッコいいところを見せる為』

Dsc_6212

諸説色々ある様ですが、この日の様に色んな魚がよくジャンプするには、何か訳が有りそうな気がしますが、私には分かりません。

Dsc_5626

私はただ、飛んでいる物を撮りたいから撮るだけです。

今日はコイだけにしておきます

コイ:1/3200-1/6400秒 ISO200-400 (白地署名はトリミングあり)

共通データ:ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2019年01月04日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の青色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 00001 麻機周辺 地図 00002 麻機の野鳥 リスト 0002船越公園の野鳥 0003 安倍川・丸子川河口周辺の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 043 アカハジロ 044 メジロガモ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 211 ソリハシセイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 216 オオジシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 226 コシャクシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 258 ウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 287 ズグロカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 296 シロカモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 503 キバシリ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 プラモデル 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

静岡バードウオッチング

kaimono

  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
無料ブログはココログ